diverse interestsRSS

permalink
レビュー:ケータイサイズの超広角2眼デジカメ—コダック「V705」 (1/4) - ITmedia LifeStyle

2006年初頭、コダックから「こんなヘンなデジカメは世界にひとつしかあるまい」といわれるほど個性的な製品が登場した。「Kodak EasyShare V570 デュアルレンズ デジタルカメラ」 (以下、V570) である。

何しろ、レンズをCCDも2つ搭載し、ひとつは23ミリという超広角、もうひとつは38~114ミリという普通の3倍ズームという大胆な構成なのだ。しかもすごくスリムでコンパクトで (携帯電話ケースにそのまま入るくらい) 、黒を基調としたレトロモダン風な (70年代に考えられた未来のテレビ、みたいな) デザインもなかなかよかった。

細かい使い勝手の悪さや難はあったものの、一部に熱狂的なファンを獲得し、多くの人が注目してたのである。

でも、その後、コダック社がデジカメ製造事業をシンガポールの会社に売却すると発表 (http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0608/02/news023.html) 、日本での発売も不透明になり、米国で発表されたV570の後継機「Kodak EasyShare V705 デュアルレンズ デジタルカメラ」 (以下、V705) の日本発売も未定。しかもV570はもう販売が終了し、オークションで高く取引されているという噂もあったほどだ。

でもご心配なく。日本では「加賀ハイテック株式会社」がコダック製品の販売を行うことになり、2006年11月1日、無事、V705が日本でも発売されることが決定したのだ。

これでV570を買いそびれた人も一安心である。

レビュー:ケータイサイズの超広角2眼デジカメ—コダック「V705」 (1/4) - ITmedia LifeStyle

2006年初頭、コダックから「こんなヘンなデジカメは世界にひとつしかあるまい」といわれるほど個性的な製品が登場した。「Kodak EasyShare V570 デュアルレンズ デジタルカメラ」 (以下、V570) である。

何しろ、レンズをCCDも2つ搭載し、ひとつは23ミリという超広角、もうひとつは38~114ミリという普通の3倍ズームという大胆な構成なのだ。しかもすごくスリムでコンパクトで (携帯電話ケースにそのまま入るくらい) 、黒を基調としたレトロモダン風な (70年代に考えられた未来のテレビ、みたいな) デザインもなかなかよかった。

細かい使い勝手の悪さや難はあったものの、一部に熱狂的なファンを獲得し、多くの人が注目してたのである。

でも、その後、コダック社がデジカメ製造事業をシンガポールの会社に売却すると発表 (http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0608/02/news023.html) 、日本での発売も不透明になり、米国で発表されたV570の後継機「Kodak EasyShare V705 デュアルレンズ デジタルカメラ」 (以下、V705) の日本発売も未定。しかもV570はもう販売が終了し、オークションで高く取引されているという噂もあったほどだ。

でもご心配なく。日本では「加賀ハイテック株式会社」がコダック製品の販売を行うことになり、2006年11月1日、無事、V705が日本でも発売されることが決定したのだ。

これでV570を買いそびれた人も一安心である。

  • Clip to Evernote

3 notes

  1. designarts reblogged this from dazy
  2. things reblogged this from dazy
  3. dazy posted this

感性に触れるもの
様々な興味
全てをクリップ
diverse interests

気軽にコンタクト
(Ask me anything)

Random

Archive

Mobile